埋没法(プチ整形)で切らずに二重

埋没法(プチ整形)は、メスを使わずに出来る施術方法の事で、医療用の糸をまぶたに埋め込んで二重にしていきます。顔にメスを入れる事なく出来るリスクの低さから、初めて整形をする多くの方が、この埋没法を行っていると言っても過言ではないでしょう。

 

どうやって糸を入れるの?

メスを入れない代わりに皮膚に1mmほどの穴を開け、そこから糸を中に埋め込んでいきます。手術にかかる時間は10分〜20分程度なので、体にかかる負担も少なく比較的気軽な気持ちで施術を受ける事ができます。

とはいえ手術である事に変わりはありません。術後に、腫れなどの症状が出るという事は頭に入れておきましょう。

また埋没法の中でも「瞼板法」「拳筋法」など3種類ほどの施術法があります。簡単に説明すると糸を通す場所に違いがあるようです。種類によって特徴やリスクにも違いが出てくるので、詳しくは下記サイトをご参照ください。

腫れが落ち着くまでの期間

人にもよりますが、基本的に1週間ほどで腫れや内出血などの症状は落ち着いてきます。ですが、ここで終わりという訳ではありません。ここからむくみなどが取れるまで、大体1ヶ月という時間をかけて徐々に完成に近づいていきます。
中には糸の存在が気になる場合もあるようですが、これは半年ほどで目立たなくなってきますので、暫くは化粧で工夫するなどの対策をとるといいでしょう。

失敗する事はあるの?

“失敗”という表現が正しいかは分かりませんが、埋没法の施術を受けた後暫くは以下の事で悩まされるかもしれません。

  • 腫れや内出血
  • 左右の目に差がある
  • 入れた糸のふくらみが気になる
  • まれに糸が出てきてしまう事がある
  • まぶたが赤く腫れ上がる
  • 肩こりや目の疲れなどの症状が出る

赤字で表記している部分は、眼球を傷つける恐れ細菌がついている可能性もあるので、すぐに施術を行った病院で診てもらうようにしましょう。

手術後の痛み

メスを入れていないとはいえ手術した訳ですから、多少の痛みは拭えません。しかし、痛みは大体1日で引いてきます。市販の痛み止めを飲むなどの対策をとりましょう。2〜3日は気になるかもしれませんが、特に心配する必要はありません。

目がチクチクするなど、眼球に害がありそうだと感じた場合はすぐに病院に行きましょう。

このように、気軽にできる施術方法とはいえ術後にはさまざまな症状が表れます。一番安全な施術方法というだけで安心するのではなく、ある程度のリスクがある事をしっかり頭に入れてから施術をお願いするようにしましょう。

おすすめのクリニック情報や選び方のポイント、リスクなどについて興味のある方はトップページへどうぞ。